2011年11月6日日曜日

サイクルモード2011

サイクルモード行ってきました。

正午開場ということでしたが、開場に着いたらとんでもない行列なんですよ。
あまりにも長いので並ばずに寝てました。
目の前のベンチで。

試乗会がメインなので完成車を扱ってるメーカーさんが殆どですね。
出展ブースは減っていた気がしますが。
お客さんの数も減っていた気がします。

気のせいかもしれません。

例の件で自転車から手を引いたメーカーさんやユーザーさんも居ると聞きますし。


先程の行列の大半はDEROSA・COLNAGO・PINARERO・LOOK・CEEPO等の試乗狙いでしょうか?
開場直後には各ブランド共に長めの行列が。

ウチは超メジャーブランドや超高級ブランドはお呼びじゃ有りませんが。

逆ですね。
ブースに入っても、声も掛けてもらえません。
販売店パス見えてるはずなのに…

零細ですから。

面白かったりちょっと気の利いたパーツやフレームを細々と(失礼)出してるブースが大好きです。
今回も気の利いた汎用部品メーカー様とお近づきになれました。

極一部のメーカーには「これはちょっとどうなの?」という物も有ります。
展示車両と言えば完成品ですね。
しかし、組み立て方が俺が見てもおかしいってのはなかなか無いと思います。
適当ですから。

基本的な構造や機能が理解できてればこんな組み方はしないだろうって状態で、自信満々に並べるメーカーが有ったりするんですよ。

雨後の筍とでも申しましょうか、まだまだ出てくるであろう新しい自転車や部品の質を見極めるフィルターを磨かないとハズレを掴んでしまうかも知れませんね。

自分もまだまだ勉強中です。

なんだか文句ばっかりでハッピーな盛り上がり感が伝わってきませんね。
試乗会場とロードのブースはお客さんがいっぱいで、盛り上がってたんですよ。
年に1回の自転車業界あげてのお祭りですから。
自分にはあまり縁の無い場所なだけで。