2013年5月2日木曜日

劇場版とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-


「片っ端から詰め込んだぞ!」
「思う存分堪能しやがれ! 好きなキャラを!」
 と、言わんばかりの作品でした。

出るわ出るわ、今までの「とある」シリーズのキャラクター総出演ですよ。
意地でも全部出す!ってぐらい隙間があれば過去キャラを差し込んでくる始末。

とうとう佐天さんまで台詞付きで出演と言うサービスっぷり。
でも、舞夏が出てなかった気が。

ざっと思い出すだけでも、
・土御門ナイス裏方!
・ねーちんの無敵っぷりは映像化するともはや反則の粋を大幅に超えて最早お笑いの域に。
・ラッキースケベ&お風呂シーンの作画が異常に気合が入っていたような。
・それだけにライブシーンはチョット残念。
・攻殻?
・通行止コンビは打ち止めの信頼感となんだかんだ言ってもそれに答える一通さんカッケー。
・シスターズやはり目立ちきれず。残念!
・フロンティア?
・ステイルがようやく敵を倒しました。
・小萌先生バトルに参加?


まだまだ有りますがこの辺で。

とまあ、おおむね楽しんできました。
ストーリーに関しては、プロットは悪くないと思うのですが、色々詰め込んだ弊害か、出来事の大半が投げっぱなしでして、アレはどうなったのか?とか、あいつ等どうやって帰ってきたんだ?とか、あの子はどうなったんだ?とか数えだしたらキリが無い程ほったらかしのまま結果メデタシメデタシ
っておい!!

いくらアニメでももう少し整合性ってもんを考えようよ。

とは言え、今回の劇場版はこのシリーズが好きな人向けのサービス映画だと思えば悪くは無いですよ。
 インデックスもレールガンも見た事無い人には時間とお金を無駄にするかもしれませんのでオススメしません。